SSH事業について

SSH事業について

半田高校は平成30年度から第2期SSHに指定されました。
本校SSH事業における取り組みなどについてご紹介します。

第2期研究開発課題
挑戦する人<発見する人,貢献する人,開拓する人>を育てる
半田Risk-Takers養成プロジェクト “HaRT-Project”

研究開発の目的・目標

目的

将来,先進的分野において挑戦する人(risk-takers)を育てるため,才能を発見し伸ばすこと,起業家精神を鍛えること,海外に進出する積極性を引き出すことで,「発見する人」,「貢献する人」,「開拓する人」としての資質を高めるためのプログラムを開発します。

目標

「挑戦者(risk-takers)」,すなわち,先進的分野に果敢に挑戦する生徒を育てるための自然科学系における「挑戦する人」がどのような人かということから議論し,次の3つを具体的人物像として設定しました。これらの人物像に当てはまる生徒を5年間で育てあげることを目標としています。
① 発見する人(研究の分野で世界に新しい知見をもたらす人)
② 貢献する人(医学などの実践面で世界に奉仕する人)
③ 開拓する人(科学と技術をもち起業家精神で社会に活力を生み出す人)

SSHとは?

SSHとは、Super Science Highschoolの略で、文部科学省から指定を受けて、「将来の国際的な科学技術系人材を育成するため、先進的な理数教育を実施する高等学校」のことです。<リンク:JST>

本校の主なSSH活動
令和2年10月22日
第3回サイエンスコミュニケーションを実施しました。
令和2年9月28日
知多地区生徒探究発表会2020を行いました。
令和2年9月4日
中学生オータムサイエンスセミナーのご案内 【10月10日(土)開催】
令和2年8月31日
SSH知多地区生徒探究発表会2020【9月25日(金)開催】
令和2年8月17日
第2回サイエンスコミュニケーションを実施しました。
令和2年3月18日
半田高校SSH「 1・2年合同発表会」「教員研修会」中止のお知らせ
令和2年3月6日~12日
英国研修(ブライアンストン校生徒との交流等)新型コロナウイルス感染防止のため中止
令和2年2月22日
科学地理オリンピック日本選手権で銀メダルを受賞
関連リンク:第14回科学地理オリンピック日本選手権受賞者
令和2年1月29日~2月3日
タイ国研修(マヒドン校との交流・LIXILタイ工場研修等)に生徒7名が参加
令和2年1月8日
SSH自然科学部が「科学三昧inあいち2019」に出場しました
過去のSSH活動(タップ/クリックすると表示されます)
令和元年12月5日
LIXIL榎戸工場見学研修を行いました(SSH国内研修)
令和元年10月26日
高校化学グランドコンテストに参加&神谷信夫教授研究室訪問
関連リンク:第16回高校化学グランドコンテスト
令和元年11月2日
AITサイエンス大賞で「優秀賞」を受賞しました!
令和元年11月3日~7日
立命館高校JSSF2019に自然科学部が参加してきました
関連リンク:Japan Super Science Fair 2019
令和元年10月15日
MWITS and HSHS Exchange Program Schedule For Students and Teachers 2019
令和元年8月22日
サイエンスレクチャー(公開・名古屋工業大学)を行いました
令和元年8月8日~9日
最先端大学見学会(京都大学)を実施しました
令和元年7月14日
生物オリンピックで3名が優良賞を受賞
令和元年7月13日
【SSH自然科学部】東海フェスタ2019で特別賞・奨励賞を受賞!
令和元年7月12日
サイエンスレクチャー【名古屋工業大学】のお知らせ
平成30年8月16日
日本生物学オリンピック2018予選で優秀賞・優良賞を受賞
平成30年3月28日
平成30年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校の内定を受けました
平成29年9月30日
知多地区高校生フォーラム2017
平成28年10月1日
知多地区高校生フォーラム2016
平成27年9月25日
平成27年度 SSH 生徒成果発表会(平成28年度から知多地区高校生フォーラムに改称)

本校SSH事業における取り組みについて

「知多で学ぶ」
SSH自然科学部等
<第1期 平成25~29年度の研究開発課題>
『国際社会で活躍できる自然科学系グローバル人材の育成に関する研究~人と環境と産業の「共生」、学校と地域の「共生」を目指した教育課程を通して~』

半田高校SSHのキャッチコピーとロゴについて

平成28年度に、半田高校SSHの事業キャッチコピーとして「知多る!」を設定しました。「知多る!」とは、文字通り地域名である知多を押し出すとともに、知(知識・知恵・知能など)の多い状態に能動的に行動するという願いを込めています。
また、ロゴについては在校時美術部の家田文乃さん(68回生)がデザインを手がけてくれました。家田さんの作品に対する感想です。
「SSHと聞くと、難しいことをやっている学校とイメージする人が多かったので、高校生でも親しみやすいポップなデザインにしました。また様々な色を使い、知多半島の豊かな自然を表現してみました。」