第1回高大連携事業 愛知教育大学教育実践演習が行われました。

半田高校の高大連携事業の一つである、愛知教育大学の学生による教育実践演習が6月20日(水)の午後、4限目、5限目に行われ、愛知教育大学分子機能・生命科学専攻の大学生・大学院生19名、中野博文教授、日野和之准教授の2名の先生方が来校されました。

4限目は本校3学年の探究Ⅲ(IR)を参観しながら生徒の探究活動に対して指導・助言をいただき、生徒達は今後の探究活動に活かすことのできる新たな知見を得ることができました。

5限目は本校2学年のSSH化学Ⅰ(SSH第1期の学校設定科目)の授業を参観いただき、今年度より導入した65分授業を実際に体感いただきました。

その後、1日の振返りとして探究Ⅲ,SSH化学Ⅰの概要説明を行い、続いて質疑応答、討議がおこなれました。質疑応答では学生から多くの質問をいただき、予定時間を越える充実した時間となりました。

秋期に第2回の実施を予定しています。