令和2年度 第3回 サイエンスコミュニケーション

日時
令和2年10月17日(土) 14:00〜16:45(受付 13:30〜)
会場
愛知県立半田高等学校七中記念館(名鉄河和線住吉町駅から徒歩8分)
演題
光る分子が拓く未来
講師
山口 茂弘 先生 (名古屋大学大学院 理学研究科 教授)
山口 茂弘
講演要旨

化学の圧倒的な魅力の一つは,自分で「デザイン」した分子を,世の中に実在する物質として生み出せる点にある.実際にモノを手にしたときの喜び,感動こそが合成化学の醍醐味である.再結晶でキラキラと結晶が生まれてくる姿は人をワクワクさせるし,その物質が強い蛍光を示す分子だったりすると,その光輝く姿はいつまでも飽きずに眺めていたい.そして,それが,新たな技術,新たな分野を拓く鍵になる分子であればどれほど素晴らしいか.本講演では,ディスプレイなどの未来エレクトロニクス技術,さらには生命科学分野の発展に不可欠なバイオイメージング技術を大きく進歩させられる蛍光分子を,いかに創るかについて話をしたい。

キーワード
  • 蛍光
  • 有機EL
  • バイオイメージング
  • 超解像顕微鏡
講師の先生から

純粋に感じるワクワクを,とことん追求してみてください。

研究の面白さもそれにつきます。

ポスター
第3回案内(ポスター)