令和2年度 第4回 サイエンスコミュニケーション

日時
令和2年12月18日(金) 14:00〜16:45(受付 13:30〜)
会場
愛知県立半田高等学校七中記念館(名鉄河和線住吉町駅から徒歩8分)
演題
宇宙暗黒物質は未知の素粒子か?
講師
久野 純治 先生 (名古屋大学大学院 理学研究科 教授)
久野 純治
講演要旨

この宇宙には、未知の物質、暗黒物質が存在していることが様々な観測からわかっています。暗黒物質は我々を構成する通常物質よりも大量に宇宙に存在する一方で、我々の体を突き抜けていってしますような幽霊のような物質で、宇宙の始まりから存在していたと考えられています。多くの研究者は理論的考察からその正体は未知の素粒子の1つであると考えています。この講演では、なぜ、未知の暗黒物質があるとわかったのか、なぜ暗黒物質は未知の素粒子であると考えているのか、さらに、その正体解明のためどういった実験や観測が現在行われているのかを説明します。

キーワード
  • 宇宙の始まり
  • 素粒子
  • 宇宙暗黒物質
講師の先生から

あるのかないのかわからないところから始まった宇宙暗黒物質の正体。暗黒物質が提案されてから100年近く経つ現代科学における大きな謎です。もしかするとその正体が間も無くわかるかもしれないという、ワクワク感を伝えらたらと思います。

ポスター
第4回校外案内ポスター