令和4年度 第3回 サイエンスコミュニケーション

日時
令和4年10月15日(土) 14:00〜16:45(受付 13:30〜)
会場
愛知県立半田高等学校七中記念館(名鉄河和線住吉町駅から徒歩8分)
演題
ゲノム研究が解明する生物の遺伝の仕組み
講師
松岡 信 先生 (名古屋大学生物機能開発利用センター 特任教授)
松岡 信
講演要旨

イネやヒトを題材にして、生物の形質がどのように決められるかについて、最新のゲノム研究技術が解明しつつある現状を紹介する。

キーワード
  • ゲノム
  • 遺伝子
  • DNA
  • 遺伝
  • 形質
  • イネ
  • ヒト
講師の先生から

キーワードに書いた、ゲノム、遺伝子、DNAといった言葉が頻繁に出て来ます。生物の授業で、既にこれらの言葉を勉強していると、分かり易く聞けるかも知れません。講演は、ヒトやイネの形質(性質)を決める遺伝子を、ゲノム情報を使ってどうやって見つけるかという話です。

ポスター
第3回サイエンスコミュニケーション