学校案内

ご挨拶

愛知県立半田高等学校長 齋藤 典久
 

 半田高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 私は、鈴木歩校長先生のご勇退にともない、本年4月に本校に着任しました齋藤典久と申します。よろしくお願いします。

 本校は、大正8年(1919年)に愛知県立第七中学校として開校しました。その後、愛知県半田中学校、愛知県立半田高等学校と校名を変更しつつ、知多の女子教育を担っていた愛知県半田高等女学校、半田市立高等女学校を統合し、現在、百有余年の歴史を誇る県内有数の伝統校に成長しました。
 この間、卒業生は3万5千人余を数え、県内はもとより、国の内外を問わず様々な分野で活躍する人材を輩出してきました。
 
 本校の教育の原点は、初代校長である鈴木周作先生が入学式で掲げた「自学 自治 自鍛」であり、大正期の新しい教育の香り漂うこの理想が時代を超え、現在では「自主自律」という言葉で息づいています。
 この精神を綿々と受け継いでいる本校生徒は、日々の学習や部活動、学校行事等に真剣に向き合うことで、次世代を担うリーダーとしての資質と能力を育んでいます。特に、ひいらぎ祭に代表される学校行事においては、生徒会を中心に生徒の創意工夫を活かした活動が見られ、大いに盛り上がっています。

 さらに本校は、平成25年(2013年)からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されました。現在は、「挑戦する人<発見する人、貢献する人、開拓する人>を育てる半田RiskーTakers養成プロジェクト“HaRT-Project”」を研究開発課題として定め、文理融合型探究活動の実践と65分授業における主体的・対話的・深い学びの実現を通して、本校独自のグローバルな人材の育成や地域の理数教育のレベルアップに取り組んでいます。

 また、同窓会としての柊会は、本校の教育活動に深いご理解を頂いており、特筆すべきことは、本校100周年事業の一環として大正13年に建てられた旧武道場を、常時使用できる未来型の教室としての七中記念館に再生していただいたことです。七中記念館の利用を通して、未来をリードする創造性と挑戦心を持ち合わせた半高生を育ててまいります。

 そして、同じ敷地内にあるひいらぎ特別支援学校との定期的で活発な交流も本校の特徴です。絵本の読み聞かせ交流、車イスの介助実習、特別支援学校生徒の本校陸上競技大会やひいらぎ祭への招待等の交流は、自らを省みるとともに、「互いに同じ児童生徒である」という人権意識を育む上においても大変意義深いものとなっています。

 産業構造や社会システムが非連続的とも言えるほどに急激に変化している現代において、実社会において求められる能力も刻々と変わり続けています。特定の分野に関する知識や技能だけでなく、多分野に関する理解や新たなことを学び、挑戦する意欲を教育全体の中で育むことが重要です。
 本校は、地域や保護者、柊会、PTA等と力強い連携を図り、以下の教育目標を踏まえた更なる高みを目指した教育を積極的に行ってまいります。
 教育目標
  広く深い知性を身につけ、正しく物事を判断できること。
  豊かな情操を身につけ、人と物とを愛することができること。
  強い意志を持ち、高い志を持ち続け、常に自らを向上させようという態度を養うこと。
  常に明るく健康であること。

 このホームページでは、充実した高校生活をおくる生徒の様子や本校の様々な活動等を紹介してまいりますので、ご覧頂ければ幸いに思います。