SSH事業について

令和4年度 東南アジア(タイ)海外交流

海外提携校(タイ国マヒドン校)の校長先生が半田高校を訪問されました。

10月30日(日)の午前中、本校のタイの提携校であるMahidol Wittayanusorn School(マヒドン校:MWIT)より、Dr.Worawarong Rakreungdet(MWIT 校長),Dr.Jiroat Sangrattanaprasert(生物教員)と Mr.Thanaphat Sinthawashewa(国際交流担当)の3名が、本校を訪問されました。

MWITはタイの王立の高等学校で、本校とはオンラインで12月に2校間交流、1月にはAsia Academic Cultural Symposium ( A’ACS) で他の国内外の複数の学校と共に交流をしています。
コロナ前には10月にタイから、1月に本校からお互いの学校を訪れるという対面交流も行っていました。

マヒドン校は科学および数学分野のアントレプレナーを育てるという目標のもと、能力・資質のある生徒たちが、特にサイエンスの分野で多くの博士号を取得された教授陣と共に、先端技術を駆使した教育プログラムに則って、研究を続けているそうです。

本校をご案内したあと、半田の街をご案内したところ、ちょうど博物館で山車の展示の組み立てを行っていたところでした。酢の里やその運河沿いの街並みも含めて、半田は歴史の深い、落ち着いた素晴らしい場所であるとその良さに感嘆しておられました。

これからも本校の生徒と共に国際交流を深め、コロナが落ち着いたら是非タイのマヒドン校に来てくださいと、半田高校の生徒の皆さんにエールを送ってくださっていました。