新型コロナウイルス感染症対策について(4/20更新)

4 月 19 日発出の「まん延防止等重点措置」を踏まえて、以下の対応をします。
感染力が強いといわれる変異株の割合が上昇しています。警戒度を高めて、感染防止対策を徹底してください。

学校生活全般

  • 登下校中含めて、必ずマスクを着用する
  • 大声を出さない。

登下校

  • 生徒に発熱等の風邪症状が見られる場合は、登校しない。(出席停止)
  • 同居家族に発熱等の風邪症状が見られる場合は、登校しない。(出席停止)
  • 生徒は、授業後、寄り道をせず、まっすぐ帰宅する。
  • 名鉄住吉町駅を利用する場合は、西口改札を利用し、大垣共立銀行前の信号交差点を通って登校する。

授業

  • 感染症対策をさらに徹底したうえで、通常の授業を行う。
    十分な換気、マスク着用、身体的距離の確保
  • 近距離で対面となるグループワークは行わない。
  • 理科「近距離で活動する実験・観察」は行わない。
  • 音楽「合唱や管楽器演奏」は行わない。
  • 美術「近距離での共同作業・鑑賞」は行わない。
  • 家庭「近距離で活動する調理実習」は行わない。
  • 体育「密集する運動、組み合ったり接触したりする運動」は行わない。

部活動

  • 必ず教員が立ち会う。立ち会うことができない場合は実施しない。
  • 練習試合・合同練習は、感染症防止対策を講じた上で実施する。
  • 部室は少人数で短時間に利用する。可能な限り換気を行う。

昼食時

  • 対面にならない。
  • 会話をしない。
  • 食事後は速やかにマスクを着用する。

その他の活動

  • 柊陵会館は、平日は通常通り開館する。また、土・日の開館については、しばらく行わない。
  • 補習は、授業に準じて行う。
  • 校外においても、感染症対策に留意し、生徒同士のカラオケや会食は自粛する。

知多地区エンパワーメントプログラム

エンパワーメントプログラム

知多地区合同エンパワーメントプログラム

実施日程:2021年322日(月)~326日(金)5日間 各日:午前9時~午後3

実施場所:日本福祉大学 太田川キャンパス

企画実施:(株)アイエスエイ

招聘学生:国内の大学院に在学する院生(京都大学、名古屋大学、立命館大学等)

     ※コロナ禍のため、例年は米国、英国、豪州より招聘しているが今回は国内大学からのみ

本校参加生徒:1年生14名、2年生1

(参加者の声)令和2年度エンパワーメントプログラムを通じて学んだこと

*「私はこの5日で新しい自分を発見した」という言葉を、参加した生徒から複数聞きました。この言葉に表されるのは、「生徒自身の知恵・個性・強みを伸ばし、主体性を重視する新しい学習コーチング」をコンセプトに構築されたエンパワーメントプログラムは、グローバル教育で50年の実績を持つアイエスエイ企画・監修による完全オリジナルの学習プログラムです。

*エンパワーメントプログラムで学習コーチを担当する学生は、高校時代にリベラルアーツ教育を経験した、世界の一流大学で学ぶ現役のエリート大学生・大学院生です。例年、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、カリフォルニア大学など、欧米をはじめとする一流大学の現役大学生を招聘しますが、今年度はコロナ禍であるため、国内大学の大学院生の生徒が招聘されました。

*彼らとともに多彩なグループ・プロジェクトやディスカッションなどを通じて、新しい価値観・異文化への理解力を深め、グローバル感覚を培い、英語力の必要性に気付かせる内容として、全国のSGH、SSH校では毎年行っているプログラムの一つです。生徒の潜在的な能力を引き出すことを目的としたこのプログラムでは、自ら課題・問題を発見し、解決する力とリーダーシップを身につけることを目指します。

*すでに、2018年時点で、150校7,700人の高校生が参加し、関東圏、関西圏はもちろん中部圏でもこのプログラムを導入している高校は年々増えています。愛知県でも刈谷高校をはじめとするSSH校がすでに導入して5年を迎えています。今回、知多地区で31名が初めて参加し、来年度も是非参加したいという声がすでに聞こえています。

第26回吹奏楽部定期演奏会

4月4日(日)に,本校吹奏楽部が定期演奏会を行いました。
今回はコロナ禍のため練習が思うようにできない時期もありましたが,なんとか実施にこぎつけることができました。
当日は新型コロナウイルス感染防止対策を行いながら,観客をいれない形での実施とさせていただきました。
その代わりにYouTubeによるライブ配信を行いました。
 再生回数(延べ視聴者数):1971
 最大同時接続数(最高同時視聴者数):438
 合計総再生時間:627:05:26
 平均総再生時間:19:05
 時間:1:49:44
ご視聴いただいた方に深く感謝申し上げます。
なお,4月11日までアーカイブとして配信映像を残しておきます。見逃した方は是非ご視聴ください。
https://www.youtube.com/watch?v=xeD4K5vz_YM(映像提供:映研)
動画の公開は終了しました。

高校入試に係る自宅学習期間及び春季休業中の 新型コロナウイルス感染症対策について(お願い)

 保護者の皆様

愛知県立半田高等学校長   

 平素から本校の教育活動に御理解、御協力をいただき誠にありがとうございます。
 現在、県内では、新型コロナウイルス感染症拡大の第3波が沈静化に向かいつつありますが、未だ警戒を緩めることができない状況にあります。今後、高校入試に係る自宅学習期間や春季休業を迎えるにあたり、自宅で過ごす時間が増え、気持ちも開放的になることと思いますが、順調に新年度をスタートさせるために、これらの期間においても感染予防に留意して生活することが大切となります。
 つきましては、下記に示す留意事項を参考にし、安心・安全な生活を送っていただきますようお願いいたします。

  • 三密の回避、マスク着用、手洗い励行等の基本的対策を今一度確認してください。
  • 会食は高い感染リスクを伴います。家族以外と会食する場合は、最大限の感染対策を取ってください。
  • カラオケは感染リスクが非常に高いため控えてください。
  • 中学時代の友人やOB等、日頃一緒に行動していない知人との交流は控えてください。
  • 送別会や友人同士での旅行等のイベントは控えてください。行う場合でも、保護者と相談するなどして実施内容や方法を工夫(マスクを外すような活動は自粛するなど)してください。
  • 新型コロナウイルス感染症の陽性が判明したり、濃厚接触者に特定された場合は速やかに学校へ連絡してください。
担当 教頭 中島正明
教頭 榊原 学
電話 0569-21-0272

新型コロナウイルス感染症対策について(3/2更新)

3 月 1 日に愛知県の緊急事態宣言が解除され,厳重警戒宣言が発出されました。
愛知県教育委員会からの指示により、本校では 3 月 2 日まで期間、以下の対応をします。

学校生活全般

  • 登下校中含めて、必ずマスクを着用する
  • 大声を出さない。

登下校

  • 生徒に発熱等の風邪症状が見られる場合は、登校しない。(出席停止)
  • 同居家族に発熱等の風邪症状が見られる場合は、登校しない。(出席停止)
  • 生徒は、授業後、寄り道をせず、まっすぐ帰宅する。
  • 名鉄住吉町駅を利用する場合は、西口改札を利用し、大垣共立銀行前の信号交差点を通って登校する。

授業

  • 感染症対策をさらに徹底したうえで、通常の授業を行う。
     十分な換気(暖かい服装を),マスク着用、身体的距離の確保

部活動

  • 活動に必ず教員が立ち会う。立ち会うことができない場合は実施しない。
  • 3 月 12 日 (金) までは練習試合・合同練習を行わない。13 日 (土) 以降は、感染症防止対策を講じた上で実施する。

昼食時

  • 対面にならない。
  • 会話をしない。
  • 食事後は速やかにマスクを着用する。

その他の活動

  • 柊陵会館は 3 月 2 日 (火) 平日 17 時までは開館する。
     ただし,3 月 8 日 (月) から 15 日 (月) は、高校入試等のため,閉館する。
     また、土・日の開館については、しばらく行わない。
  • 補習は、授業に準じて行う。

新型コロナウイルス感染症対策について

1 月 13 日に愛知県に緊急事態宣言が発出されました。
愛知県教育委員会からの指示により、本校では 2 月 7 日まで期間、以下の対応をします。

学校生活全般

  • 登下校中含めて、必ずマスクを着用する
  • 大声を出さない。

登下校

  • 生徒に発熱等の風邪症状が見られる場合は、登校しない。(出席停止)
  • 同居家族に発熱等の風邪症状が見られる場合は、登校しない。(出席停止)
  • 生徒は、授業後、寄り道をせず、まっすぐ帰宅する。
  • 名鉄住吉町駅を利用する場合は、西口改札を利用し、大垣共立銀行前の信号交差点を通って登校する。

授業

  • 感染症対策をさらに徹底したうえで、通常の授業を行う。
     十分な換気(暖かい服装を),マスク着用、身体的距離の確保
  • ペアワーク等は、ペアを組む相手を固定し、近距離・対面にならない形で 15 分を目安に長時間にならないようにする。
  • 原則、実験・実習は行わない。
  • 体育では、密集する運動・近距離で組み合う運動は行わず、なるべく個人で行う活動とする。
  • 音楽では、近距離で行う合唱や管楽器の演奏を行わない。
  • 美術では、近距離で活動する共同制作や鑑賞の活動を行わない。

部活動

  • 活動に必ず教員が立ち会う。立ち会うことができない場合は実施しない。
  • 練習試合・合同練習を行わない。

昼食時

  • 対面にならない。
  • 会話をしない。
  • 食事後は速やかにマスクを着用する。

その他の活動

  • 柊陵会館は閉館する。
  • 補習は、授業に準じて行う。

新型コロナウイルス感染防止に関するお願い

厳 重 警 戒

 現在、愛知県の新型コロナウイルス感染状況は「厳重警戒」であり、大変厳しい状況が続いています。特にこれからの季節、年末年始で人が集まる行事等が開催されることも多くなります。
 日常の基本的な感染防止対策の徹底に加え、特に年末年始における「季節の行事」に参加する場合におきましては感染防止対策の徹底に心掛けてください。

〇公共交通機関では、常にマスクの着用と大声での会話は控えてください。

〇大人数での会食等を控え、カラオケやイベント、スポーツ観戦など大声を出す行動は控えてください。

〇クリスマス、大晦日、初日の出など多数の人が集まる「季節の行事」に参加する場合は、人と人との距離の確保・マスクの着用・手指衛生・大声での会話の自粛など対策を徹底してください。

〇不特定多数の人が密集し、大声等の発生を伴う行事、パーティー等への参加は控えてください。

〇発熱等の症状が出た時は、まずは、かかりつけ医等の地域の医療機関や、保健所に設置された「受診・相談センター」等に電話相談の上、県が指定した「診療・検査医療機関」を受診してください。

高校生がこれからの人生を生き抜くためのアントレプレナーシップ(出版物のご案内)

本校第41回卒業生の須山恵一さん(三菱航空機株式会社)が、昨年度行われた「アントレプレナーシップ講演会」の内容を基に本を出版されました。Amazonで有料販売しています。
半田高校の在校生は「在校生ポータルサイト」から詳細を見ることができます。(ログインが必要です)

<著者>
三菱航空機(株)
須山 恵一 氏
(半田高校41回生・平成2年3月卒)

【略歴】
愛知県武豊町生まれ。愛知県立半田高校を卒業後、名古屋大学法学部を経て、1995 年三菱重工業株式会社に入社。民間航空機部門を一貫して担当し、2012 年から三菱航空機株式会社。英国 Anglia Ruskin University 大学院にて MBA(経営管理学修士)を取得。
趣味はバイオリンで大学時代の仲間とオーケストラで休日を過ごす。最近は中高での吹奏楽部仲間との吹奏楽も再開。3人の娘の父。

創立100年を迎え2名の経団連会長も輩出した伝統校、愛知県立半田高校にて2019年9月29日に行われた「アントレプレナーシップ講演会」での講演内容を基に、「部活と勉強とをどうしたら両立できますか?」、「部活動でよい成績を出すには」といった日々の悩みから、「どうしたら夢を持てるようになりますか」、「心が折れたときどうしたらよいですか」といった心の内面まで、高校生から寄せられた代表的な質問12に対して、著者がひとつずつ答えていく。
社会人25年の経験とMBA(経営管理学修士)の考え方も用いながら、「Withコロナ」、「Afterコロナ」の時代を迎え、ニューノーマルを生き抜く若者たちにエールを送る一冊。