1,2年合同探究発表会を行いました。

3月18日午後、1,2年合同探究発表会および外部教員向けの情報交換会を行いました。

昨年度は七中記念館で2年生の代表チームのみによる発表でしたが、本年度は密を避けるために各教室に会場を分け、1年生は代表20チームが、2年生は全100チームが発表を行いました。

午前中の学年行事による疲れがあるにもかかわらず、発表から質疑応答まで、どの会場においても生徒は前向きに参加をしていました。発表者は聴衆に理解してもらえるように、聴衆は発表内容を理解できるように懸命に歩み寄ろうとする姿が見られました。

また、情報交換会では探究活動の進め方や使用している教材についてなど、探究活動に関する情報の共有をしました。

「電気学会 高校生みらい創造コンテスト」で最優秀賞を受賞

令和2年度 電気学会「高校生みらい創造コンテスト」(主催:電気学会 電力・エネルギー部門、共催:パワーアカデミー)に、本校のSSH自然科学部の生徒が投稿した論文「身近なもので簡単に発電 ~色素増感太陽電池~」が、全国で最高位となる「最優秀賞」を受賞しました。

本校生徒の研究によって開発した太陽電池は、一般的な太陽電池と比べて約99%のコストカットを実現しました。従来の色素増感太陽電池では、導電性ガラスに酸化チタン膜を焼き付ける工程が必要でしたが、導電性ガラスの代わりに液晶保護フィルムとアルミニウム板を使用した結果、従来の色素増感太陽電池に比べて短時間で安価に作製することが可能となり、電池としての機能も十分に発揮することが明らかになりました。今後も実用化に向けて、さらなる色素増感太陽電池の性能の向上を探究していく計画です。

3月18日(木)1・2年探究合同発表会を実施します。

3月18日(木)半田高校SSH「1・2年探究合同発表会」を実施します。

本校の1,2学年の一年間の探究活動の成果発表の場として、以下の通り半日を通して探究活動について建設的な議論を行う機会としています。

今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、分散教室で、三密を避けた方式で実施します。

知多地区の理数教育発展のため、多くの方々に参加していただきたく、ご案内申し上げます。参加される方は下記の要項をご覧いただき、QRコードから必要事項を記入の上、3月16日(火)までにお申し込みください。

実施日 令和3年3月18日(木)
場 所  本校普通教室、特別教室全20会場
対 象  本校全生徒,県内中学校教員・高等学校教員,県外SSH高等学校教員、関係大学学生 他
時程および内容
12:50~  受付
13:15~  開会行事(放送で実施)
13:25~  各会場で1学年、および2学年の口頭発表会
(1学年20グループ、2学年100グループが発表)
15:05~    閉会行事・御講評(放送で実施)
15:25~  情報交換会

R2 1・2年合同発表会案内【全国】

A’ACS(4校国際シンポジウム)を行いました。

令和3年1月24日(日)にA’ACS(Asia Academic and Cultural Sessions)の1日目をオンラインで行いました。

新型コロナウイルスの拡大により、思うように国際交流ができない中、新しい形の国際交流の在り方を探し、早稲田大学本庄高等学院、愛知県立半田高校が主催となり、タイのMWITS( Mahidol Wittayanusorn School )、シンガポールのNJC( National Junior College )の4校でオンラインシンポジウムを企画し、開催に至りました。
シンポジウムは生徒たちが4校でズームで話し合いながら一から企画し、アイデアを出し合い運営しています。
内容は研究発表、文化紹介、地域紹介、学校紹介など多岐にわたり、ズームであっても生徒たちは積極的に意見を交わし、お互いにいい刺激を受けているようでした。国際的な視野が広がるいい機会となっています。本校からは20名、4校トータルで80名程度の生徒たちが参加してくれました。2日間の開催予定で次回最終日は1月30日(土)14:00~17:00になります。

行事の詳細は次のwebサイトをご覧ください。(早稲田本庄高等学院のサーバーで作成されています)

Asia Academic and Cultural Session 2020 (waseda.jp)

 

「探究サミットinあいち」にて本校の代表生徒3名が発表をしてきました。

12/20(日)、南山中学・高校(男子部)にて「探究サミットinあいち」(主催:NPO法人アスクネット)が実施されました。愛知県内の5つの高校の代表生徒が各校の探究活動への取り組みについて発表しました。本校からも3名(3年生)の生徒が代表として発表をしました。

以下、参加した生徒の感想

・他校には商業科も含まれており、地域への貢献につながるような探究が多くみられた。半田高校も地域に役立つ探究があるといい。

・半田高校の取り組みを外部の方から褒めてもらい、改めてすごいことをやっているんだと、自信を持つことができた。当たり前の様に与えられている「探究」は当たり前じゃない。

・好きなこと、身近なことの探究が「広がり」を持って社会への貢献になることができる。巻き込めるものは巻き込むといい(友人、先生、家族、地域など)

・他校の高校生やや外部の方と関わることで、視野がぐっと広がる。参加して楽しかった。高いアンテナを張っていきたいと思った。

科学の甲子園 愛知県大会に出場しました

11月8日(日)

愛知県教育委員会が主催する、科学の甲子園愛知県大会に本校生6名1グループ(2学年5名、1学年1名)が出場しました。
20校を超える参加校と共に、6分野(物理、化学、生物、地学、数学、情報)の問題について、6名が協力して解答する筆記試験と、化学の実験を通した実技試験に挑戦しました。

残念ながら3月に行われる科学の甲子園全国大会への出場は果たせませんでしたが、チームで協働して課題に取り組む、非常に良い経験となりました。

行事は新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を取った上で実施されました。

1学年探究Ⅰ・基調講演を行いました

12月17日(木)

SSH第2期より、1学年の探究活動で行うミニ探究活動の導入として、身近な知多半島について学びを深める基調講演を行っています。
今年も日本福祉大学経済学部長の曲田浩和先生をお招きし、
「知多半島の文化・風土・自然・産業」
という題目で、知多半島の歴史や現状についての紹介や、知多半島が抱える課題に対する理解を深め、関心を高めるためのご講演をいただきました。

知多半島の自然風土と文化産業は網目のように関係しあっていることや、多くの偉人を輩出したことを改めて知り、生徒たちは身近なところに沢山の探究の種があることを実感した講演でした。

高大連携事業「サイエンスフォローアップ」を行いました

12月9日(水)
高大連携事業の一環で、愛知教育大学の学生が本校2年生の探究活動を参観・助言する「サイエンスフォローアップ」を行いました。

今年度教職大学院として定期的に来校している大学院生含め、11名の大学生・院生と3名の大学教員が来校し、探究活動を行っている2学年の生徒と研究について情報交換しました。
学生や大学教員から、研究がより深まるための助言や、考察についてのアドバイスを受け、生徒達は今後の探究活動に活かしていきます。
(今年度の2学年は、来年まで継続した研究を行います)

検温・手指消毒・マウスの着用など、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を取って実施しています。