「探究サミットinあいち」にて本校の代表生徒3名が発表をしてきました。

12/20(日)、南山中学・高校(男子部)にて「探究サミットinあいち」(主催:NPO法人アスクネット)が実施されました。愛知県内の5つの高校の代表生徒が各校の探究活動への取り組みについて発表しました。本校からも3名(3年生)の生徒が代表として発表をしました。

以下、参加した生徒の感想

・他校には商業科も含まれており、地域への貢献につながるような探究が多くみられた。半田高校も地域に役立つ探究があるといい。

・半田高校の取り組みを外部の方から褒めてもらい、改めてすごいことをやっているんだと、自信を持つことができた。当たり前の様に与えられている「探究」は当たり前じゃない。

・好きなこと、身近なことの探究が「広がり」を持って社会への貢献になることができる。巻き込めるものは巻き込むといい(友人、先生、家族、地域など)

・他校の高校生やや外部の方と関わることで、視野がぐっと広がる。参加して楽しかった。高いアンテナを張っていきたいと思った。

科学の甲子園 愛知県大会に出場しました

11月8日(日)

愛知県教育委員会が主催する、科学の甲子園愛知県大会に本校生6名1グループ(2学年5名、1学年1名)が出場しました。
20校を超える参加校と共に、6分野(物理、化学、生物、地学、数学、情報)の問題について、6名が協力して解答する筆記試験と、化学の実験を通した実技試験に挑戦しました。

残念ながら3月に行われる科学の甲子園全国大会への出場は果たせませんでしたが、チームで協働して課題に取り組む、非常に良い経験となりました。

行事は新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を取った上で実施されました。

1学年探究Ⅰ・基調講演を行いました

12月17日(木)

SSH第2期より、1学年の探究活動で行うミニ探究活動の導入として、身近な知多半島について学びを深める基調講演を行っています。
今年も日本福祉大学経済学部長の曲田浩和先生をお招きし、
「知多半島の文化・風土・自然・産業」
という題目で、知多半島の歴史や現状についての紹介や、知多半島が抱える課題に対する理解を深め、関心を高めるためのご講演をいただきました。

知多半島の自然風土と文化産業は網目のように関係しあっていることや、多くの偉人を輩出したことを改めて知り、生徒たちは身近なところに沢山の探究の種があることを実感した講演でした。

高大連携事業「サイエンスフォローアップ」を行いました

12月9日(水)
高大連携事業の一環で、愛知教育大学の学生が本校2年生の探究活動を参観・助言する「サイエンスフォローアップ」を行いました。

今年度教職大学院として定期的に来校している大学院生含め、11名の大学生・院生と3名の大学教員が来校し、探究活動を行っている2学年の生徒と研究について情報交換しました。
学生や大学教員から、研究がより深まるための助言や、考察についてのアドバイスを受け、生徒達は今後の探究活動に活かしていきます。
(今年度の2学年は、来年まで継続した研究を行います)

検温・手指消毒・マウスの着用など、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を取って実施しています。

留学生交流会を行いました!

令和2年10月16日(金)、感染症対策をとり、七中記念館にて日本福祉大学・小倉美津夫教授の科学英語プレゼンスキルアップ講座でベトナムから1人、ネパールから2人留学生を迎え交流会を行いました。はじめに本校の2年生が半田高校について英語で発表し、その後留学生がそれぞれの国の発表をしてくれました。生徒も活発に質問をし、ベトナムとネパールについて理解を深めていました。躍動するアジアの国々について知ることができ、生徒もおおいに刺激を受けたようです。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、海外派遣、マヒドン高生の来日が中止されるなか貴重な国際交流になりました。

<生徒の感想>
・実際にその国の出身の人のプレゼンテーションを聞くのは初めてだったし、英語のリスニングの勉強にもなりました。やはり速くてついていけないときもありましたが、分かりやすい映像と説明で理解することができました。また交流会をやりたいと思います。

・ベトナムやネパールの文化に触れるだけでなく、彼らがどのような英語表現を用いているかについても知ることができ、様々な意味で非常に意義のある体験だったと思います。

・ベトナム、ネパールのことについて詳しく知れました。三人ともプレゼン、パワーポイントのクオリティーがすごく高くてびっくりしました。でも本当のところはもっと留学生の方たちとおしゃべりがしたかったなと思いました。またこの機会があったらいいなと思います。

・ベトナムの人もネパールの人も英語が母国語ではないのに、英語でプレゼンテーションをしてくれたし日本語もしゃべっていてすごいと思った。日本が好きと言ってくれていたのでうれしかった。一緒に写真を撮ったりちょっとお話しもできたりしたのでよかったです。ベトナムもネパールも全く知らない国だったけど、すごく興味がわきました。

中学生オータムサイエンスセミナーのご案内 【10月10日(土)開催】

令和2年10月10日(土)に「中学生オータムサイエンスセミナー」を実施します。

本校生徒が講師となり、中学生を対象に自然科学系の実験や講習を行います。
今年のテーマは

  「物理:もくもく・わくわくくもづくり~ペットボトルで色のついた雲をつくろう~」
  「化学:サーモ ガラス スティックを作ろう~塩化コバルト溶液の色変化~」

です。定員は各講座20名です。

参加される方は中学校を通してお申込みください。中学校の方は下記の申込用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、9月23日(水)までにE-mailまたはFAXにてお知らせください。
 
 
R2中学生オータムサイエンスセミナー チラシ

R2中学生オータムサイエンスセミナー 中学校案内

R2中学生オータムサイエンスセミナー 申込用紙 
 
 
 
 
実施日  令和2年10月10日(土) 午後1時30分 から 午後4時30分 まで
     ※当日午前中は中学生体験入学を実施しています。

対 象  知多地区の中学生

会 場  愛知県立半田高等学校 生物室・化学室
     愛知県半田市出口町1丁目30番地 名鉄河和線「住吉町駅」 徒歩8分

日 程  13:00~13:30 受付(生物室)
     13:30~13:40 開会(生物室)
     13:40~16:00 本校生徒による実験・講習
     16:00~16:30 片付け・アンケート記入・諸連絡

昨年の様子 開会

昨年の様子 実験

SSH知多地区生徒探究発表会2020【9月25日(金)開催】

9月25日(金)「SSH知多地区生徒探究発表会2020」を実施します。

本校の一年間のSSH事業の成果発表の場として、また知多地区高校生の探究活動の発表の場として、以下の通り半日を通して自然科学に触れる機会としています。

今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、校内参加者のみの発表とし、ポスターセッションやオーラルプレゼンテーションはできるだけ三密を避けた方式で実施します。

知多地区の理数教育発展のため、多くの方々に参加していただきたく、ご案内申し上げます。参加される方は下記の申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、9月23日(水)までにE-mailまたはFAXにてお知らせください。

実施日 令和2年9月25日(金)
場 所  本校体育館・七中記念館・柊陵会館および各特別教室
対 象  本校全生徒,県内中学校教員・高等学校教員,県外SSH高等学校教員、関係大学学生 他
時程および内容
12:20~  受付
12:50~  開会行事(放送で実施)
13:00~  オーラルプレゼンテーション(集録動画視聴)
ポスターセッション(各会場)
15:20~    閉会行事・御講評(放送で実施)

令和元年度のポスターセッションの様子

知多地区生徒探究発表会2020 実施要項【全国・HP】はこちら

知多地区生徒探究発表会2020【申込様式】はこちら