弓道部県大会ベスト8

 

4月の愛知県高等学校総合体育大会知多支部予選で女子団体優勝・3位、女子個人優勝・3位でした。

5月の県大会は団体ベスト8(7位)個人決勝2次進出でした。

盾と賞状が後日届いてやっと撮影できました。今後とも頑張ります。応援よろしくお願いします。

【水泳部】総体(知多支部)男子優勝・女子2位

6月19日(土)、20日(日)に半田高校を会場として、第75回愛知県高等学校総合体育大会知多支部予選会、水泳競技が行われ、男子が総合優勝、女子が総合2位と健闘しました。
個人競技ではリレー含めて10種目で優勝し、県大会出場権を獲得しました(2位以下でも多くの種目で県大会出場権を獲得しました)。大会新記録を樹立した種目もあり、多くの生徒が日々の練習の成果を発揮することができました。
当日は会場校として朝早くから準備をしながら、1年生から3年生まで選手、マネージャー全員がベストを尽くすことができました。

1週間後の6月26日(土)27日(日)には日本ガイシプールで、第75回愛知県高等学校総合体育大会 水泳競技が行われました。
私立の強豪校がひしめく中、個人競技で
男子1500m自由形 10位
男子400mフリーリレー 9位
と大健闘することができました。

両大会とも、考査週間・考査中と非常に厳しいスケジュールの中で実施されましたが、マネージャ一や正選手以外の選手も、正選手を精一杯サポートしてくれました。
個人競技である水泳部ですが、個々が自己ベスト更新を目指しながら、チーム全体が一丸となって練習をしています。
これからの季節、大会が続きますが、今後とも水泳部を応援よろしくお願いします。

ヨット部 愛知県総合体育大会 女子学校対抗 優勝

5月23日に行われた,愛知県高等学校総合体育大会ヨット競技に出場,表彰されました。

〇女子学校対抗 優勝   

〇男子学校対抗 第3位

〇女子420級 優勝・第3位   

〇女子レーザーラジアル級

 優勝・第2位・第3位

男子420級 2チーム,女子420級 2チーム,男子レーザーラジアル級 2名,女子レーザーラジアル級 2名が,6月19日・20日に行われる東海大会に出場します。

3年生はこれが最後の総体となります。インターハイ出場を目指し,東海大会に臨みます。応援よろしくお願いします。

ヨット部 三重ことわか国体ヨット競技 出場決定

5月4日・5日に行われた,三重ことわか国体ヨット競技愛知県予選会において優勝した3名の選手の国体出場が決定しました。

9月26日~29日に行われる国体本戦に向けて,より一層練習に励んでいます。

今後とも応援よろしくお願いします。

少年女子420級 林小夏・坂井奈月ペア / 少年女子レーザーラジアル級 田中陽菜乃

        

【硬式野球部】全尾張高等学校野球選手権大会(決勝大会)に出場します

5/1(土)に行われた全尾張高等学校野球選手権大会知多地区代表決定戦において公立の雄大府高校との対戦の結果、6-3で本校が勝利しました。

この結果、5/29(土)から行われる決勝大会に知多地区代表として出場することとなりました。

初戦は尾張地区代表の誠信高校と対戦します。

今春の県大会出場の経験をいかし、優勝を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします。

【男子バレーボール部】総体(知多支部)優勝

4月24日(土)・25日(日)に行われた「第75回愛知県高等学校総合体育大会知多支部予選会」で、男子バレーボール部が見事優勝し、県大会出場を果たしました。

また、3年・中谷光希さんが、大会MVPを獲得し、部員全員が喜びを分かち合いました。中谷さんは、高校入学後からセッターに挑戦し、日々の地道なトス練習を積み重ね、MVPを獲得するまでに成長しました。

他にも、初心者として入部し、レギュラーとして活躍した選手もいます。真摯に、そして何よりも楽しくバレーボール部の活動に励んだ3年生の姿は輝かしく、結果として表われたことも大変喜ばしいことでした。

5月15日(土)に行われた県大会では、フルセットの激闘の末、惜しくも敗れてしまいましたが、3年生10名は、最後の大舞台で大いに活躍しました。

総体においては、4回連続で県大会に進出〔H30年度・R1年度はベスト8〕することができており、2年生を主体とした新体制にも、さらなる活躍を期待しています。

今後とも、男子バレーボール部の応援をよろしくお願いいたします。

第26回吹奏楽部定期演奏会

4月4日(日)に,本校吹奏楽部が定期演奏会を行いました。
今回はコロナ禍のため練習が思うようにできない時期もありましたが,なんとか実施にこぎつけることができました。
当日は新型コロナウイルス感染防止対策を行いながら,観客をいれない形での実施とさせていただきました。
その代わりにYouTubeによるライブ配信を行いました。
 再生回数(延べ視聴者数):1971
 最大同時接続数(最高同時視聴者数):438
 合計総再生時間:627:05:26
 平均総再生時間:19:05
 時間:1:49:44
ご視聴いただいた方に深く感謝申し上げます。
なお,4月11日までアーカイブとして配信映像を残しておきます。見逃した方は是非ご視聴ください。
https://www.youtube.com/watch?v=xeD4K5vz_YM(映像提供:映研)
動画の公開は終了しました。

「電気学会 高校生みらい創造コンテスト」で最優秀賞を受賞

令和2年度 電気学会「高校生みらい創造コンテスト」(主催:電気学会 電力・エネルギー部門、共催:パワーアカデミー)に、本校のSSH自然科学部の生徒が投稿した論文「身近なもので簡単に発電 ~色素増感太陽電池~」が、全国で最高位となる「最優秀賞」を受賞しました。

本校生徒の研究によって開発した太陽電池は、一般的な太陽電池と比べて約99%のコストカットを実現しました。従来の色素増感太陽電池では、導電性ガラスに酸化チタン膜を焼き付ける工程が必要でしたが、導電性ガラスの代わりに液晶保護フィルムとアルミニウム板を使用した結果、従来の色素増感太陽電池に比べて短時間で安価に作製することが可能となり、電池としての機能も十分に発揮することが明らかになりました。今後も実用化に向けて、さらなる色素増感太陽電池の性能の向上を探究していく計画です。

SSH自然科学部が「科学三昧inあいち2019」に出場しました

12月27日(金)、「科学三昧inあいち2019」にSSH自然科学部が出場しました。

科学三昧inあいちは、愛知県内の科学技術に関わる高校、大学、企業の交流の場で、毎年自然科学研究機構の施設である岡崎コンファレンスセンターで行われる研究発表会です。(昨年度は第10回記念で名古屋大学で実施されました)


今年度は愛知県内はじめ東海地区から37校、大学や研究機関からの参加を含め、800名を超える参加の下、会場は熱気に包まれていました。口頭発表では全て英語で発表されるものや、「ミウラ折りサンドイッチパネル構造の強度に関する研究」、「ヒドラの出芽と成長」といった身近な構造や生物の研究から、「鉄道からみる名古屋の未来」といったビッグデータを用いた研究も見られました。

半田高校は、口頭発表1件「プラスチックで水中のイオンを除去~イオン交換樹脂の可能性~」、ポスター発表2件「海水中イオンによる植物の発育影響について」「酒石酸塩の自然分晶思索」の計3本の発表をしたほか、約30名のSSH自然科学部員がポスター発表に参加し、他校の科学研究の成果発表を聞いて研究討議を繰り広げていました。発表者も聴衆も、大きな刺激を得た一日となりました。

放送部・夏休みの活動

放送部では,校外での朗読・アナウンス活動を行っています。

7月30日(月),本校の前身となる七中卒業生である童話作家・新美南吉さんの誕生日に合わせて行われる「南吉の日」のイベントに朗読の出張をしました(会場:新美南吉記念館)。 2年の佐野裕城が七中の機関誌「柊陵」に起稿した詩を,1年の杵島望が高校時代に南吉が記した日記の一部をそれぞれ朗読しました。南吉がどのような気持ちで筆をとったのかを理解し表現するため,事前に記念館の学芸員の方にご指導していただきました。気持ちを人に伝えるようにするにはどうしたらよいかを学ぶよい機会となりました。

8月1日(水)~5日(日),知多市で開催されたインターハイのフェンシング競技において,アナウンスの出張をしました。主に1年部員が参加したため,全国大会という場でかなりの重圧を感じながらも,開会式や表彰式,閉会式の司会をしたり,熱中症予防等のアナウンスを行いました。誰かに聞いてもらうという経験があまりない1年部員にとって,人に伝えるアナウンスを学ぶよい機会となりました。

8月7日(火),本校で実施した中学生体験入学では,猛暑のため会場が教室へと変更になりましたが,本校を紹介するプレゼンテーション及び動画作成を1年部員が行いました。

今後,大きな舞台として9月のひいらぎ祭(学校祭)や11月の100周年記念行事でアナウンスを行います。この経験を活かしながら,よりよいアナウンスができるよう日々練習に励みます。

写真:「南吉の日」の朗読場面