高大連携

高校化学グランドコンテストに参加&神谷信夫教授研究室訪問

第16回高校化学グランドコンテストにSSH自然科学部2名が参加し、ポスター発表を行いました。また、コンテスト会場である大阪市立大学の理学部教授 神谷信夫先生に最先端科学研究室訪問として研究室に訪問させていただきました。神谷教授から人工光合成やタンパク質のX線結晶構造解析など先生の研究内容を紹介していただき、発表生徒の研究内容についてもご指導、ご助言をいただきました。神谷先生の研究成果は世界的にも注目されており、先生は今年もノーベル化学賞の有力候補のお一人であり、本校卒業23回生でもいらっしゃいます。

日時:令和元年10月26日(土) 11:00~12:30最先端科学研究室訪問(神谷信夫教授研究室) 13:00~17:00高校化学グランドコンテスト
会場:大阪市立大学
ポスター発表タイトル:「身近なもので簡単に発電 ~色素増感太陽電池~」

研究内容について説明

コンテストでは、アジアの高校(シンガポール、台湾)の生徒も参加しており、急遽英語でポスター発表を行いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月17日(水)、本校自然科学部生徒6名が名古屋工業大学生命・応用化学専攻(しくみ領域)を訪問し、安井孝志准教授から可視光吸光度計についての講義および実験実習を受けました。

講義・実習に先立ち、生徒が現在研究している内容について発表し、安井先生やTAの大学院生から助言やアドバイスを受けました。

その後、可視光吸光度計を用いた濃度分析の実験実習を行いました。生徒達は慣れない操作に戸惑いながらも、吸光度計から得られる測定結果に目を輝かせていました。今後、半田高校にもある可視光吸光度計をより活用するための沢山のヒントを得ました。

8月22日(木)には他校生徒にも公募する高大連携サイエンスレクチャーを計画しています(詳しくは「サイエンスレクチャー【名古屋工業大学】のお知らせ

2019年7月12日」をご覧下さい。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最先端大学研修会(京都大学)を実施しました

令和元年8月8日(木)~9日(金)にかけて、本校生徒40名が最先端大学研修会(京都大学)に行ってきました。

8日(木)は京都大学エネルギー理工学研究所を訪問し、見学と研修を行いました。高校では見ることのできない大がかりな装置や施設の数々に驚きと感動を覚え、現地職員の方とのグループミーティングでは研究の奥深さとやりがいを学ぶことができました。
また、8日の夜は半田高校出身の現役京大生との懇談会を実施し、受験のこと、大学生活についてだけでなく、高校で行った探究活動など、様々なアドバイスをもらう貴重な機会となりました。

9日(金)は京都大学内で生徒が決めたテーマに沿って希望する学部や学科のイベントに参加し、いろいろな刺激を受けました。探究活動のきっかけや助言だけでなく、進路意識の向上にもつながる有意義な2日間となりました。

エネルギー理工学研究所見学

京都大学エネルギー研究所での講義・研修

現役京大生との懇談会(1)

現役京大生との懇談会(2)

宿舎での食事の様子

京都大学訪問

 

高校化学グランドコンテストに参加&神谷信夫教授研究室訪問

第16回高校化学グランドコンテストにSSH自然科学部2名が参加し、ポスター発表を行いました。また、コンテスト会場である大阪市立大学の理学部教授 神谷信夫先生に最先端科学研究室訪問として研究室に訪問させていただきました。神谷教授から人工光合成やタンパク質のX線結晶構造解析など先生の研究内容を紹介していただき、発表生徒の研究内容についてもご指導、ご助言をいただきました。神谷先生の研究成果は世界的にも注目されており、先生は今年もノーベル化学賞の有力候補のお一人であり、本校卒業23回生でもいらっしゃいます。

日時:令和元年10月26日(土) 11:00~12:30最先端科学研究室訪問(神谷信夫教授研究室) 13:00~17:00高校化学グランドコンテスト
会場:大阪市立大学
ポスター発表タイトル:「身近なもので簡単に発電 ~色素増感太陽電池~」

研究内容について説明

コンテストでは、アジアの高校(シンガポール、台湾)の生徒も参加しており、急遽英語でポスター発表を行いました。

サイエンスレクチャー(公開・名古屋工業大学)を行いました

8月22日(木)、名古屋工業大学生命・応用化学専攻(しくみ領域)との高大連携事業として、地域の高校生が参加できる実験実習講座「サイエンスレクチャー(公開・名古屋工業大学)」を実施しました。

阿久比高校(5名),日本福祉大学付属高校(2名)および半田高校(3名)の計10名の生徒が名古屋工業大学 生命・応用化学専攻を訪問し、「可視吸光光度法による鉄(Ⅱ)とニッケル(Ⅱ)の同時定量」のテーマで、安井孝志准教授から可視光吸光度計を用いた講義および実験実習を受けました。

普段使い慣れていない実験道具や装置などを操作するため、最初は慣れない手つきでの操作でしたが、次第にコツを掴んで手早く正確に操作することができるようになりました。
また、他校の生徒と同じ班で実験をすることで、他者とも協働的に実験を進めていく経験を積むことができました。

※吸光光度法を原理とした分析装置は半田高校に常設してありますので、利用をご希望される方がいらっしゃいましたら、SSH担当小澤までお問い合わせ下さい。